桜株の家

スチールハウスの開発・運用に関わってきたスチールハウスメーカーと建築家のコラボレーションにより、自由設計での意匠的な可能性の追求を試みたプロジェクトである。
屋根、広い軒下、シャープな軒先など、軽量鉄骨の特性を活かしたデザイン、 かつそれを化粧材として使用し、スチールハウスの特徴を意匠にとり込んだ住空間をつくっている。

担当    奥野公章 馬場伊都加 小柳綾
構造    株式会社ガイアフィールド
工事    株式会社ガイアフィールド
用途    戸建住宅
所在地   神奈川県横浜市
規模    薄板軽量形鋼造
敷地面積  238㎡
建築面積  111㎡
延床面積  96㎡
撮影    牛尾幹太
竣工    2013年