和光の家

「庭」という環境を中心に、同じ敷地の中で新しい家を再構築して行くという試みで、建物のリノベーションとは異なる形の「場(環境)の継承」を目指した住宅。3代守り続けた大きな庭と人の距離を調整する装置として、2層分のL方のテラス設けている。

担当 奥野公章 小柳綾
構造  我伊野構造設計室 我伊野威之
施工 深野建設株式会社
用途  専用住宅
所在地 埼玉県和光市
規模  木造2階、一部鉄骨造
敷地面積 482.56㎡
建築面積    140.1㎡
延床面積  182.56㎡(1階118.21㎡/2階64.35㎡)
撮影    牛尾幹太
竣工年  2017年